商品情報

きもの作家

高度な職人芸が生み出すきものの数々。
素晴らしい作家の方の手で大切に作られています。

百貫 俊夫(日展評議員)

百貫 俊夫 百貫 俊夫作品

略歴

昭和41年 木村雨山氏に指導を受ける。
昭和48年 現代美術展「ロータリークラブ賞」
昭和49年 現代美術展「北陸放送社長賞」
      日展、初入選
昭和51年 現代美術展にて「特別賞」
昭和55年 東京三越にて、初めての個展
昭和56年 日本現代工芸展「日本現代工芸賞」
昭和58年 全国植樹祭の天皇陛下、御来県の
      御宿泊所、加賀屋「渚亭」で染額
      「鶴竹の図」・「花鳥の図」が展覧の光栄に浴す。
昭和60年 日本現代工芸展
      「日本現代工芸会員賞」
昭和63年 金沢市文化使節団として蘇州を訪問
      現代工芸美術家協会欧州視察団として西ドイツを訪問
      第20回日展 特選
      「月光の日の思い出」
平成 2年 第29回日本現代工芸展審査員
平成 3年 第23回日展 特選「河原の雨」
      東京・日本橋高島屋にて個展。
平成 4年 横浜高島屋にて個展
平成 5年 第32回日本現代工芸展
      東京都知事賞「岩の中の私」
平成 6年 第26回日展審査員。
      「見つめられている私達」
平成 8年 第28回日展審査員。
      「古代と私達」
      第16回全国豊かな海造り大会、天皇陛下御来県の際、 テーブルセンター「遊漁」、
      染め額「鶴・松竹梅の図」の制作にあたる。
      平成10年 第37回本現代工芸展審査員
      第30回日展審査員「赤富士と女神」
      平成12年 東京三越本店にて個展
      7月、南アフリカ・マンデラ元大統領に染額「鳩月桜の図」159×110cm、
      新ムベキ大統領に 「おしどり月 紅葉の図」159×110cm、快談・贈呈
平成13年 1月、アンゴラ国のロスサンス大統領に染額「鶴の語らい」108×88cm快談・贈呈
平成14年 第41回日本現代工芸展にて、文部科学大臣賞。「窓際の女神と私」
平成16年 第43回日本現代工芸展にて、内閣総理大臣賞「静寂」

上田 耕三

上田 耕三

略歴

1946年 京都市生まれ。立命館大学卒業後、エ房いちゆうにて、光風会会員・高山誠氏に師事。
1975年 独立、創作上田工房を設立。
1980年 京都青裳 会正会員に。
1994年 京都洛西にて新工房を設立。
    受賞多数

河野 雅之(美術工芸作家)

河野 雅之

略歴

1957年生れ。
1979年 3月京都芸術短期大学造形芸術学科卒業。
    4月より染色作家田家鬼彩氏に師事。
1990年 独立して河野染色工芸スタジオ設立。
1991年 染織作家集団「グループ染織体」結成。
    第1回そめおりヌーベルバーグ展を開催、以後現在まで毎年開催。
1992年 長浜縮緬協会作家10人展出品。
1995年 全日本新人染織展技術賞受賞。
1997年 京都美術工芸展入選。
1999年 現代文化賞受賞。
2000年 武蔵野芸術祭賞受賞。

松本 伸(京絞り染)

松本 伸

改良を重ねた何十種類にもおよぶ特殊な刷毛とその刷毛運び の微妙なタッチを七回(七色)繰り返し、そして、
その色の含み 具合により幻想的な色彩の世界が生まれます。

この技術をベー スに「ローケツ染め」「型絵染め」「素描き」等の技法を駆使し た訪問着は、地色の虹彩染めと
様々な文様たちがあいまって、 お互いを生かしあい、絶妙のハーモ二-を醸し出しています。

藤井 裕也(京絞り染)

藤井 裕也

京都壬生で絞りの名手、浩の長男として生まれ、染織 の環境に育つ。
日本の美「日・月・地」の自然感のモ チーフ、絞りと素描、虹ぼかし染等の技法で新風を呼び込む。
京の祭りでは雅楽演奏者としても活躍。

中西 秀典 (藍染)



天然灰汁醗酵染作家
<雅号>桂秀(けいしゅう)[本名 中西秀典]
1966年、藍染製品製造卸業の家に生まれる。藍製造・国選定無刑文化財である佐藤昭人を師事。天然配汁醗酵藍染を研究し、天然素材と手仕事にこだわった作品を発表。
殺菌効果などの藍の様々な薬効にも着目し、幅広い分野で藍染の普及・振興に努めている。