商品情報

清水焼作家

何百年と人の技と知恵が蓄積されたすばらしさ・
美しさはあなたの生活を心豊かにする事をお約束します。

斉藤 雲楽

斉藤 雲楽

略歴

昭和3年 五条坂に生まれる。
昭和21年 父、二代目雲楽に師事。
昭和25年 五條坂にて独立、三代目雲楽を襲名。
昭和38年 電気窯での焼成を研究し成功させる。
昭和40年 独創の釉薬、青・赤抹陶釉を開発。
昭和45年 清水焼団地に移転。
昭和52年 伝統工芸師の称号を受ける。
平成元年 京都市伝統産業技術功労賞を受賞。

 

斉藤 雲楽作品

加藤丈尋  京都工芸美術作家協会会員 丈夫窯

加藤丈尋

略歴

1968年 京都市生まれ
1998年 京都府工芸産業技術コンクール 新人特別賞
京展 (99、00、04、05,、06)
1999年 札幌芸術の森ビアマグランカイ
2000年 大覚寺花の陶展 (01)
2004年 独京焼・清水焼展 近畿経済産業局長賞
2005年 全関西美術展 佳作。
2006年 戒光寺 個展  (京都)
全関西美術展 第三席
2007年 京都府美術工芸新鋭選抜展
2008年 京都工芸ビエンナーレ
京都工芸美術作家協会展 協会賞
テーブルウェアー大賞展(東京) 審査員特別賞・佳作
日 展 (04,05,06,07)
京都工芸芸術の精華展(フランス パリ)

 

加藤丈尋作品